2018年企画 ③ コーヒーを語る その① クレオパトラ

2018年企画③は
大好きなコーヒーの感想を書こうかと思います

紅茶は疎いのですが
コーヒーは本当に大好きです。

以前から
時折
コーヒー豆は生豆から選んで焙煎してもらってます

宇都宮市文化会館の東にあります
豆工房 コーヒーローストさん

行ってから豆を選び
焙煎するので

b0153550_20480994.jpg
20分以上の時間が無いと
ちょっと難しいです

待っている間に
いろんなコーヒーを淹れていただけるのですが

それが楽しみの一つ

b0153550_20485573.jpg


この日いただいたのは
クレオパトラ

酸味が透き通った感
苦みはあまり感じません
遠い未来を見つめるような味です


クレオパトラは
アンデス山脈の西側の尾根に位置するVALLE DEL CAUCA州のミランダ農園で産まれます。

農園があるMAMsエリアは、代表的な高品質コロンビアコーヒーを産出することで知られています。

農園では、完熟した赤実のみをカフェテロの手により丁寧に収穫し、農園内に湧き出る清らかなアンデスの清水を受け、古典的な従来方法である水洗処理を行い、熟練された人々によって天日乾燥を行います。


「クレオパトラ」の名は農園主セザール(シーザー又はカエサル)氏の名前から由来しています

という訳で
いくつか調べましたが
全部
天日乾燥をしているという
太陽の恵みいっぱいのありがたい豆でございます







[PR]
by kokoayuki | 2018-01-09 21:02 | Comments(0)