<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

この世に起きることはすべて必然と言いますが・・・

パン作り
お菓子作りの縁が縁をどんどん呼び
とても素敵な出会いがたくさん^^

今回
粉玉パン教室さん2回目は
粉玉パン教室のO先生とSmiling Breadさんが面識があったのです。
で、記念に
私とSmiling Breadさんの2人でお邪魔しました~

そして
粉玉パン教室さんHPが出来上がりました。(こちらです。お問い合わせもこちらから

b0153550_2126427.png


始まる前から大盛り上がり・・・
写真撮るの忘れちゃうよお~

クランベリーチーズ
お持ち帰り用に先生が生地づくりをしていてくれて
それを成形
発酵して焼きました
b0153550_21362525.png


今回私が焼いたのは
バタートップ
どうやらお話が楽しくて
ほとんど工程写真がございませんので
出来上がりを
b0153550_21402977.jpg

b0153550_21405344.jpg

b0153550_21412533.jpg

卵と卵黄がた~っぷり入ったので生地が黄色いです。
凄い窯伸びでしょ。
びっくりです。

Smiling Breadさんはセサミキッチンを焼いたので
b0153550_2143617.jpg

一緒に記念撮影しました
b0153550_21451122.jpg

O先生とSmiling Breadさんは
先生だけあって
難しい専門的な話をしてまして。
でも聞いていて面白かったなあ・・・

この日のお昼は
b0153550_2147556.jpg

これまたO先生が焼いてくださっていた
イングリッシュマフィンと
Smiling Breadさんが作ってきてくれた
切干大根のコールスロー
b0153550_21483615.jpg

イングリッシュマフィンはオープンサンドのように
ポーチドエッグを添えて
b0153550_214954.jpg

パプリカとトマトスープとコーヒーゼリーと一緒に
いただきました。

Smiling Breadさんが今年からカメラ女子デビューして
いろいろ研究していたので
記念にその様子を・・・
b0153550_21512541.jpg


また
来月ご一緒しましょうねえ。
とても楽しい時間ありがとうございました。
by kokoayuki | 2013-04-30 21:55 | パンづくり | Comments(0)

舟を編む

2012年本屋大賞 舟を編む

この映画を観ると
辞書が手に取りたくなるはずです。

辞書を作るにかかった15年の年月

どんなに苦労があることか・・・
その苦労に胸がいっぱいになった方も
多いと思います。

名前のとおり真面目な主人公馬締光也(松田龍平)

営業部で使い物にならない馬締に
辞書編集部の荒木が声をかけます
「右という言葉を説明できるかい?」

「西を向いた時に北にあたるほうが右」

実は、私も考えてるのですが
いまだに答えられません。

地道な地道な15年間。
でも
馬締にとっては
最高の職場。

馬締の前に現れた林 香具矢(宮崎 あおい)

(余談ですが、まあまあ、あの映画この映画よくあおいちゃんが出るなあと@@思うんですが・・・)

あおいちゃんの役作りはとても素晴らしい。
今回も目立たなくて化粧っ気のない
調理師さんをうまく演じていました。

馬締さんの不器用そうで実は
純粋な香具矢への恋心。

その恋心と
あおいちゃんのじれったい思いがぶつかるシーンは
あちこちで目頭をハンカチで拭く様子がありました。

何をするにも
表面に出ない根っこの部分の苦労は
大きいですね。
そこを知らずして
あれこれ言ってはいけないですね。

よく裏方さんなんて言いますが
裏方さんの努力あっての成功ですから。

辞書がようやく完成するとき
馬締が
間に合わなかった
ひとつのことがありました。

間に合わせようとする
懸命な姿に
純粋に感動します

派手な演出はなく
辞書を作るような
地味っぽい映画ですが
心が温かくなる
素晴らしい映画です。

是非!映画館でご覧ください。
by kokoayuki | 2013-04-29 19:04 | 映画 | Comments(0)

私も、先生のHちゃんママも午後が授業参観の
午前中、少し早めにレッスン開始です。

いちごのシャルロット
ビスキュイから作ります
b0153550_19555650.jpg

生地を絞り出し
b0153550_19564763.jpg

焼き上げます
b0153550_19571285.jpg


そして、型に入れ
b0153550_19583169.jpg

バニラババロアとイチゴのベリームースを二層にします
b0153550_19595266.jpg

そして、冷やします

そしてその間に
ヘーゼルナッツサブレを
卵を使わずに作ります
作り方は割とシンプルで
アッという間に生地が完成
b0153550_19512936.jpg


ここで
ティータイム
b0153550_2014894.jpg


新年度の
あんなこと、こんなこと
いろいろ話しました。

ヘーゼルナッツサブレ
b0153550_2023765.jpg

さくっとした食感
台形にうまく焼けるのが不思議・・・

いちごのシャルロット
b0153550_2063073.jpg

ベリームースが
酸っぱくてかなりの私好み^^
たっぷりのいちごがとっても豪華です。

今月も
美味しく素敵にできて
また自分の宝物が増えたようです。

また来月宜しくお願いします。
by kokoayuki | 2013-04-28 20:09 | Comments(2)

夜道をチャリで

今育成会の会議から帰りました。
夜道をチャリで・・・

お休みなさい~

明日は1日
オケの練習なので・・・・
by kokoayuki | 2013-04-27 22:44 | Comments(0)

ナオト インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー」
自分がしたいこと
自分ができること

何を差し置いても前へ進めること

それが自分の生きている役割。

インティ ライミとは南米インカの言葉で太陽の祭り

ナオトの明るく
子供のような屈託のない笑顔と
隠さない感情で
歌を世界に届ける

歌をとおして
幸せを届けている。

自分の役割は
誰にも邪魔されない。
邪魔させない。

それが
人によって違うこと。

歌であり
政治であり
お菓子をつくること、パンをつくること、文章を書くこと

自分が幸せであり 他人も幸せになること

だから
他人の幸せは奪ってはいけないこと

歌でナオトが自分も他人も幸せになっているように
自分も
何かで
自分も他人も幸せにしていきたい・・・

そう実感する映画でした。

欲を言えば
ドキュメンタリータッチなので
映画というより
テレビで2時間スペシャルとかで見れば一気に
影響があるのにな・・・・・・
by kokoayuki | 2013-04-26 22:10 | 映画 | Comments(0)

お粥食べた後ホテルに戻り
チェックアウト。

ホテル近くでタクシーを拾い
空港へ。
行きの運転手さんは無愛想でしたが、真面目に仕事をこなす方。
帰りの運転手さんは愛想も良いけど、請求額も多かったですね。高速が速いからと
高速に乗ったのは良いけどそれ以上の請求額でした。

釜山の空港のスタバで
釜山限定のマグカップを購入
b0153550_20412936.jpg


ダンキンドーナツで
b0153550_20425385.jpg

抹茶のドーナツを購入
(釜山で抹茶も面白いです)
b0153550_210170.jpg


帰りの機内食は
エビチャーハンでした。
b0153550_2050354.jpg


こんな感じで
1泊釜山の旅は終了しました。

あっという間でしょ。
旅してるほうはさらにあっという間でした。

また、
お金貯めて行きます。
by kokoayuki | 2013-04-26 20:59 | Comments(2)

さむ~い 釜山の朝・・・
白い息を吐きながら
まりおパパと2人
散歩しながらお粥を食べにでかけました。

どうせ3太郎はお粥食べないし
「セブンイレブンが良い」というだろうし。

b0153550_2240143.jpg


よくわかりませんが
有名な店らしいです。
b0153550_22405248.jpg

b0153550_22413036.jpg


またまた
いろいろ出てきましたわ
b0153550_22422735.jpg

まりおパパはあわび粥
b0153550_22425932.jpg

味噌汁付

私は
漢方参鶏湯
鶏肉を崩して中のご飯を混ぜ混ぜしていただきます。
b0153550_22434218.jpg

b0153550_2247341.jpg

体がぽかぽか温まりました

朝なので、日本みたいにいろんな番組やってました。
お天気お姉さんもいましたね。
b0153550_22511669.jpg


お粥ってその時は
お腹いっぱいになるんだよねえ~
その時だけだけど。


さて、
ホテルに返帰って
帰国します・・・・
by kokoayuki | 2013-04-25 22:52 | Comments(0)

テクテクテクテク・・・・・
b0153550_20581527.jpg

b0153550_20584271.jpg

b0153550_2059922.jpg

LOTTEのデパートの中は
とっても綺麗でした。

子供たちは部屋でDS

町を歩いていると個人のお店で
コピー商品がこんなにも平気で売られています。

面白いものをあれこれ物色

まりおパパが言い出した旅行は
私はお財布持たないので
付き合ってた頃のような
淡い感覚になったりします

本当は屋台であれこれ食べようと思ったのだけど
お腹いっぱいで
目が欲し無いから
見るだけに・・・

「ま、奥様美味しいエスプレッソでも飲みませんか?」と
入ったカフェ
b0153550_2171098.jpg

私は歩き回ったのと、肉食べて喉が渇いたので
アイスコーヒー
「オレのエスプレッソは、ママのに比べたら詐欺みたいな量だなあ」
(確かに^^:)

ところで
炭酸水がついてきたんですけど
どう使うのですか?
ご存じの方いたら教えてください。
エスプレッソに入れるのか
分かりませんでした。

「肉食べてケーキ食べるの?」と驚かれましたが
美味しそうなんだもの~
良いじゃん♬

b0153550_2110148.jpg

こちらがカフェのレシート
やはり読めませんが
正統派のしっかりした
カフェだと思います。
豆の香りまで選択するよう言われました。


この後
マッサージに行こうということになり
釜山スポーツマッサージ」という24時間営業のお店で
フェイシャルとフットマッサージ。
フェイシャルは強揉みでかなり気持ちよく
フットマッサージは
少し熱めのパラフィンパック付
途中から爆睡モードでした。
お値段は日本のマッサージと変わらないくらいです。

この時私
手を少しですけど傷があって
それに気づいたマッサージのお姉さんが
施術しながら薬を塗ってくれてバンドエイドまで貼ってくれました。

気付くとAM1時

さ、明日は7時には朝食のおかゆを食べて
空港に向かわなきゃ~
by kokoayuki | 2013-04-24 21:22 | Comments(0)

b0153550_2029925.jpg

私たちがホテルから歩いてやってきたのが
国際市場の入口にある
日新炭火カルビ

メニューはもちろん読めません。
でも
日本語メニューを出してくれました。
b0153550_20314058.jpg


まずは現地のビールで
b0153550_20324241.jpg

水みたいなビールです。

花粉症の時期
アルコール飲むと完全に鼻が詰まってしまう私。
案の定^^:釜山でも症状は変化せずでした。

b0153550_20341677.jpg

子供たちはスプライトで

本場の焼肉屋さんは
いろいろと
出てくるのが楽しみです。
b0153550_20353888.jpg

b0153550_2036183.jpg
b0153550_20363395.jpg

b0153550_2037745.jpg


炭の登場
b0153550_20541756.jpg

にんにく~
b0153550_20554639.jpg


オーダーしたのは
生カルビ 25000ウォン×2
b0153550_20572883.jpg

b0153550_214873.jpg

b0153550_2194796.jpg

b0153550_2144044.jpg


味付けカルビ 23000ウォン×4
b0153550_2151128.jpg

b0153550_21193833.jpg

b0153550_216555.jpg

いろんなものに巻いていただきました。
b0153550_21243130.jpg

こちらはユッケ 40000ウォン
日本ではなかなか食べられませんので
b0153550_2171370.jpg


合計で200000ウォン 約日本円で18000円のお支払でした。

ホテルに子供たちは帰り
私とパパは夜の繁華街に散歩に出かけます。
by kokoayuki | 2013-04-23 20:27 | Comments(0)

1泊釜山の旅①

先週の木曜日の朝

まりおパパ「土、日で釜山に焼肉食いに行かねえかい?さっき、釜山エアーでディスカウントのメールが来たんだけど。」
私「良いよ。」
パパ「じゃ、チケットとホテル取っておくよ。」
私「よろぴく。」

と決定した釜山行でございます。

航空運賃は往復9800円で+燃料差チャージとか手数料含めると1人20000円くらい。

正直、旅慣れてるんで
用意は金曜日の夜のんびりと。
特別改めて買ってまで用意するものもないので。

土曜日の朝9時に家を出て
成田着は11時。

まりおパパ
釜山エアーのアテンダントさんを発見して
気付いてたら
何やら話しかけに行ってました。
b0153550_21152426.jpg

(ちなみに午後1時に成田に到着したばかりのアテンダントさんは、入国せず、ゲート付近のうどんを食べ、そのまま折り返し13時55分の便で釜山に帰国)
「釜山はさっき雨降ってましたよ。寒いですよ。今日は。」
そんな話してました。

日本だと
私のママ友にだって
照れて
ほとんど話しかけない人なんだけど、
そういえば
セブでも
ほぼ毎日2人で通っていた
マッサージエステの店の
ぽっちゃりした「アン」という受付の女性が気に入ったらしく
受付に居なければ
奥に向かって
「アン~!!」と呼んで
最後には
アンに
「いつ帰るの?」と言われ
「明日」と答えたら
「サヨナラ~」となんだか
さっさと帰れ状態で
呆れられてましたね。

13時55分の便で
オンタイムで
釜山に向かいます。
機内食は
行きはキムチチャーハンでした。
b0153550_21165845.jpg

後から辛い^^:~けど
美味しい

アサヒのスーパードライとおつまみは
無料でした

16時位には釜山到着。
寒・・・・寒いです。

自宅を出たのが9時で、午後4時には釜山にいるわけですから
早いですねえ~

ここからタクシーで
ホテルへ向かいます。
ホテルは空港から30分ほどの南浦洞地区。
タクシー代は15000ウォン(約1300円)


とにかくホテルが取れなくて・・・
1泊だし
泊まるだけなので
諦めて妥協して
とれたのが
b0153550_21192792.jpg

東新ホテルリニューアルしてありますが古い建物です。
現地韓国の方が
経営されフロントもそうですが、日本語ペラペラなのでご安心ください。
お客さんも9割日本人で
この日も女性1人とか来てました。
洋室もあったのですが
満室で
私たちはオンドルという韓国式床暖房の部屋を二部屋借りました。

5階と6階で二部屋です。

えええええ!
すんごい部屋~
ピンクメインだよ・・・
b0153550_21243196.jpg


私は、1人で6階の部屋を占領します~
男性軍4人はピンク部屋5階で仲良くね・・・・

あっという間に韓国だねえ
b0153550_21331590.jpg


さて、焼肉食べに行くぞ!
by kokoayuki | 2013-04-22 21:25 | Comments(0)