本当の話です

ちょっと思い出した
「世にも奇妙な・・・」類の話です。

是非お付き合いください。

私が以前働いていた会社は
女性二人の事務でした。

私と先輩です。

週明けのある朝
先輩が
「ここあちゃん、霊ってやっぱりいるよ」と
会社に来たのです。

何かと思って聞くと
ちょうど
この時期
宇都宮の大谷で採石場跡地の
陥没騒ぎがあって
先輩の家は
その穴のすぐ近く。

市営住宅に避難していて
週末は家族全員いるので
穴の近くの自宅に戻りました。
その時
平日はお寺に預けておいた
おじいちゃんの位牌も
可愛そうだからと
持ってきたのです。

で、夜中家族全員で寝ていると
なにやら気配が・・・
みると
仏壇のとこにおじいちゃんがいて
穴のほうを見て拝んでいるんだそうです。

で、
怖くて目をつぶったんだけど
「おじいちゃんをもう一度見たい」と
目をあけると
今度は
うどんをたべているんだそうです。

で、
それを見ているうちに寝てしまったんだけど
翌朝
お母さんに
一連の流れをはなすと
「昨日はご飯がなくて、仏壇にうどんをあげたのよ。」と。
不思議ですが
本当のはなしです。
[PR]
by kokoayuki | 2015-04-17 19:53 | Comments(0)